姓名判断で運勢が決まる

姓名判断とは

冒頭に合った通り姓名判断とは、苗字を名前の字画数をもとにその人の運勢を占ってしまえるものとなっています。
姓名判断は本屋さんに書籍が売っているので簡単にチェックすることができますが、ひとつ問題があります。
それは本の種類が膨大で、本によっては字画数などの違いがあり、本によって書いている内容が異なります。
なぜ内容に違いが出てきているのかというと、姓名判断には多くの流派ができてしまったからです。
ですが、どの流派が合っていて間違っているということではありません。
それぞれ先生方の経験と信念によるものなのであとは自身の判断で参考にしてください。
ちなみに姓名判断の原点は熊崎健翁の「熊崎式姓名判断」が始まりと言われています。

姓名判断で見るべきところ

名前の字画数はその人の運勢を示す重要なものです。
これから説明する五格が大切になります。
五格には五つ存在します。
まずは天格。
天格は姓と画数の合計で先祖代々受け継がれるものとされ成長環境を暗示するものと言われています。
続いては地格。
地格とは名前の画数の合計で人格形成期の運勢を示すものとされています。
続いて外格。
外格とは姓の一番上と名前の一番下の合計です。
人間環境の運を表します。
お次に人格。
人格は姓の一番下と名前の一番上の合計です。
性格や才能の運勢を示します。
最後に総格。
総格は天格と地格の合計のことです。
これらのものを吉数にすると、幸運が招かれると言われています。
この中でも一番重要になってくるのは人格と言われています。


この記事をシェアする