姓名判断の歴史と昔の名づけ方法

まずは基本的なこと

まずは名前に使用できる文字についてです。
これは戸籍法により決まっています。
戸籍法の60条によれば漢字で2999字体、ひらがな、カタカナと定められています。
日常で使用する漢字はほぼ使えるので深く気にする必要はありません。
仮に名前を付けた後に変更したいという場合には正当な事由がある場合のみ手続きを踏めば可能です。
ほとんど変更できないケースが多いと理解していただければと思います。
また、名づけにはタイムリミットがあります。
出生後14日以内に出生届を提出しないといけないので、それまでに名前を決める必要があります。
たいていの人は余裕を持って前々から考えているとは思いますが。、慌てて急いで付けることのないようにしてください。
名前はその子が今後使用するとても大切なものです。

名づけで大切なこと

名づけで意識していただきたい点は、お子様とそのお子様がこれから接するであろう社会の人達のことを大切に考えること。
そしてもう一つは親御さんのお子様に対する思いを大切にすることです。
読めない漢字を使用してしまうと社会の人々が間違えたり読めなかったりと不便さをお互いに感じてしまいます。
親御さんの思いを反映しないと周りの環境や周囲の人に影響された名前になってしまい、オリジナリティも出ません。
あと意識してほしいことは、男女を間違えてしまわない、名前にふさわしい漢字か、古すぎる名前じゃないか、独特しぎやしないかなどです。
くれぐれも名づけは慎重にお願いします。
また今世間では名づけの方法がある程度決まっています。
好きな漢字から作る方法、好きな呼び名から作る方法、その子の誕生月からイメージして作る方法、占いによる方法などです。
手法はそれぞれなのでご自身に合う方法でつけましょう。


この記事をシェアする