銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行融資

 

 

消費者金融と銀行カードローンの違いはコンビニとスーパーの違いに似ています。

 

その理由を説明します。

 

どちらも消費者相手なのですが消費者金融は親切で丁寧で細かいことまで考えている点でコンビニといえます。

 

一方、スーパーの買い物はセルフ的なことが多いですよね。

 

細かいサービスはコンビニの方が上です。

 

しかしながら買い物の自由度はスーパーのほうが高いですね。

 

経済的には自分がしっかりしているならばスーパーのほうがお得ですよね。

 

何でも親切な代わりにお金もかかるのがコンビニで消費者金融なのです。

 

 

銀行カードローンの場合は大きな金額を借りる場合が多いです。

 

そして金利も銀行カードローンのほうが低いです。

 

 

消費者金融の方は銀行カードローンに比べて金利が高い場合が多く、貸出額も低めという感じですね。

 

 

 

 

その他にも消費者金融のほうが個人融資のノウハウが高く、返済などにも細かい部分があります。

 

 

返済が滞ったりしても消費者金融にはたくさんのノウハウがありますので連絡などもかなり厳しいですね。

 

それに銀行カードローンの審査会社として消費者金融が代行しているところは多いです。

 

 

三井住友銀行カードローンはSMBCコンシューマーファイナンスだったりします。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンはアコムですね。

 

 

いずれにしても金融会社とおおざっぱな取引は絶対に避ける方が無難です。

 

小遣い帖をツケルように借入金額や利息に関しても意識する必要があります。

 

 

友人からお金を借りても返さないような感覚で金融会社と付き合うとたいへんな目にあいます。

 

 

シッカリと返済計画を立てるのが基本です。

 

 

そしてもし返済に困るようなことがあった時はいきなり入金しないというような選択はするべきではありません。

 

まず、相談するべきです。