プロミスの返済について

返済

プロミスの返済は提携ATM、銀行振込、インターネットバンキング、銀行引き落としがあります。

 


※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます。


※振込対象の金融機関は200行以上あります。

プロミスの返済について記事一覧

プロミスの返済にはローソンやセブンイレブン、ファミリーマートなどにある提携ATMを利用して返済することが可能です。利用手数料がかかります。1万円以下は100円(税別)1万円超えは200円(税別)です。

ローソンには返済できる端末が2種類あります。銀行端末のローソンATMとマルチメディア端末のロッピー(loppi)です。プロミスの返済にはローソンのロッピーを使うと良いです。なぜならば返済手数料が無料だからです。注意したいのはローソンにはローソンATMというよく似た銀行端末もあります。こちらの返済手数料は1万円以下の返済なら100円(税別)で1万円超えなら200円(税別)です。ローソン内で返済できる...

ローソンの端末のLoppiやファミリーマートの端末Famiポートを利用すると返済時に端末利用料金が無料です。ローソンやファミリーマートには同様のコンビニバンキングがありますが、こちらを利用して返済すると手数料がかかります。間違えやすいのでご注意ください。

インターネットバンキングを利用して返済すると手数料がかかりません。

プロミスの返済方法は残高スライド元利定額返済方式です。借入や返済に伴い変化する残高に対して1回当たりの返済額や返済回数が変化する方式です。

プロミスの返済にはファミリーマートのfamiポートを使いましょう。なぜならば返済手数料が無料だからです。famiポートとはマルチメディア端末です。同様にローソンにもLoppiというマルチメディア端末があります。どちらも同じような端末です。注意したいのはファミリーマートにはE-netというよく似た端末もあります。こちらの返済手数料は1万円以下の返金が100円(税別)で1万円超えの返金が200円(税別...