名づけの基本

姓名判断は画数を元にその人の運勢を判断するものです。
画数から姓名判断するやり方は日本独自の方法と言われています。
漢字のルーツである中国は字の持っている意味から姓名を判断しています。
実は日本の姓名判断はまだ歴史が浅いんです。
一般の市民が姓を名乗るようになったのが明示時代です。
自分の姓名の良し悪しを調べるため姓名の判断が提唱されるようになりました。
後述でも触れますが熊崎式姓名判断というものが流行り、広く世の中に知れ渡りました。
この時代は熊崎式姓名判断の一強でしたが、今の日本の姓名判断は様々な方が書籍を出版され、流派が多数存在します。
もちろん流派により内容は異なります。
とある流派では良い結果だったのに、別の流派では最悪の結果。
というのはありえます。
朝のニュース番組の星座占いを思い浮かべてほしいのですが、片方の番組では1位だったけどもう片方の番組では最下位だったなんてことありますよね。
これと同じであとは個人の判断になります。
急ではありますがちょっとここで戦国時代にタイムスリップします。
平安時代から江戸時代の武士と貴族の子ども達が、出生後すぐにつけられる名前のことを幼名と言われています。
そんな幼名ですが今考えると面白いものがありました。
まずは徳川家の幼名。
嫡男には必ず竹千代と付けるというルール。
これは後々、跡継ぎ争いを防ぐ目的があったそうです。
続いて織田信長は長男である信忠には「奇妙」と付けています。
なぜかというと生まれた時に奇妙な顔をしていたからだとか。
名づけるのは親ですが名前は生まれてきた子のものなので、ちゃんとした名前がいいことだと改めて実感できますね。

姓名判断の歴史と昔の名づけ方法

お子様が生まれ、さぁ名前をつけようと思っても名づけの基本が理解できていないと恥をかくことになります。 名前は一生使うものになるので生まれてくるお子様のために時間をかけて真剣に考える必要があります。てきとうにキラキラネームを付けていいわけではありません。 基本を知りましょう。

姓名判断で運勢が決まる

皆さん姓名判断という言葉を聞いたことはありますでしょうか。 本屋さんに行けば「姓名判断」の書籍がたくさん置いています。 簡潔に説明すると姓名判断とは名前の字画数を見て、その人の運勢がわかってしまう判断方法です。 これを理解しているとお子様を名づける際に役立つかもしれません。

名づけの失敗例

これまでたくさんの人が生まれ、たくさんの人が名前を付けられてきました。 当然失敗された方は多数存在し、改名している人もいます。 そんなちょっとやってしまった失敗例を見て、皆さんは後悔しないようにしていただければと思います。 夫婦で真摯に向き合える時間って本当に大切だとわかります。